神戸一哲 (神戸たこ焼き その13)

にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ

:
土曜日に「お富さん」に行けなかったので、日曜日に近所の「神戸一哲」に行ってきました。
このお店の方から以前にコメントを頂いていたんですよね~
スグにお伺いしたのですが、オーナーさんに会えなかった&メールなどでブログで紹介してよいか問い合わせたのですが連絡がつかずそのままになってました。
って事でえらい間があきましたが、再度行って報告をば
:
先ずは豚キムチでビールを (^^;
おおっ、久しぶりに行ったらメニューがたくさん!!!
飲み系に使えるメニューも多いので、お酒呑んだあとに締めに、たこ焼き/お好み焼き/そば焼きなんてのも良いですね。
:
お腹がすいてたので、早速コナモンを。
ここはお好み焼きだけで4種類もあります。
長田風、大阪風、広島焼、ネギ焼。
お好み焼き屋ではいつも「モダン焼き」を食べるので、ここはそれに近い「広島焼」をタコでお願いしました。
ううむ、ボリュームもあってなかなかナイスです。
いつもモダン焼きはドベソースで食べるのですが、今回は広島焼なので甘いおたふくソースとカープソース。
これもまた、んまーですね。
:
2枚目はオーソドックスに豚玉。
兵庫区生まれの私は長田風で。
豚肉がいっぱい入っててうれしい (^^;
:
さて、さて、これが本番。
「神戸ダシたこ焼き」
こちらのお店では神戸たこ焼きがこのような名前で売られてます。
先にお出汁をかけない状態のものも食べれるように出汁がかかった状態では出てきませんが、これは神戸たこ焼きそのもの。
:
たこ焼きのアップ。

当店自慢の生地の核は、一部熱狂的な支持者を持つ神戸の長田のたこ焼き屋台のオヤジから受け継ぎました。そこから研究に次ぐ研究を重ね、一哲独自の創意工夫をこらし、外カリ・中フワの歯ざわりを生み出しました。

との事で外パリ系です。
基本的に神戸たこ焼きで食べる私はちょっと外パリ系は苦手。
というか出汁が染み込んで柔らかくなるまでに時間がかかるってだけですが (^^;
:
お出汁をかけるとこんな感じ。
おー、美しい。
:
そして知らない人に言うとひかれるけど……
ソースもかけて、神戸たこ焼きの出来上がり。
隣のテーブルのお父さん(with女の子3人)が壁の神戸ダシたこ焼きの説明とこちらのテーブルを見て、こんな食べ方があるんやと感心してました。
どこ(の地域)の人やったんかな~
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
「にほんブログ村」に登録してみました。
よろしければポチっとしてみてください。

神戸粉処 一哲 たこ焼き / 六甲道駅石屋川駅新在家駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA